30代のきれいめメンズファッション+コーデ

30代のきれいめメンズファッション+コーデ

30代男性のファッションは、年代的にも一番難しい時ですね。

20代の頃の格好のままだと見た目が若すぎてあまり着ていて気分よくないし、かといってきれいめでシックなコーディネイトをと思って背伸びしても年齢より老けてみられてしまう。

仕事でのポジションも中堅ぐらいになってきて、年齢も程よく重ねてきた分落ち着いた雰囲気もだしつつ、今まで着ていた服も程よく取り入れて若々しいスタイルをするのがオススメでです。

30代は『きれいめカジュアル』が似合う!

『きれいめカジュアル』というのは、若さと落ち着き感の両方をうまく取り入れた格好で、大人っぽいきれいめシックなスタイルです。

トップス編

トップスは、シャツやTシャツや中心だったものをジャケットスタイルに変えていくと良いです。ジャケットに買えるだけで、きちんと感がある上にこなれ感が出ます。
ジャケット等のアウターはシックにまとめ、インナーに若者向けのTシャツや小物で取り入れてラフさを出すコーデです。この逆で、アウターをカジュアルにし、インナーをシックにする方法もOKです。

アウターもインナーも全てシックにしてしまうと地味になってしまい、年齢より上に見られてしまいますのでご注意を!

ボトムス編

ボトムスについては、トップスと同じできれいな色やサイズ感が合ったシルエットを選びましょう。
デニムについては、ダメージ加工のものから色落ちが少ないウォッシュ加工のデニムやパンツ、スラックス系へ変えるだけでも雰囲気が違ってきます。
20代の頃に似合っていたものでも、30代になってからは子供っぽくなってしまったり歳相応の品が無かったりします。

きれいめカジュアルは『素材感や形がきれいなものにする』だけで今までの子供っぽさから大人の雰囲気へとイメージが変わります。

また、30代になると女性だけでなく男性もお腹が出てきたりと体型の変化もあるので、意識的にカラダを引き締めるのもGoodです!
引き締まっているカラダだと、どんな洋服を着ても見栄えが良くなりかっこよくなりますよ。

NG:20代には良かったけど30代のキレイめコーデには加工が多すぎるパターン

30代NGパターン

OK:ラインや色合いが上品できれいめのパンツ

30代OKパターン