40代のきれいめメンズファッション+コーデ

40代のきれいめメンズファッション+コーデ

『お父さんの服ダサい!一緒に出かけたくない!』

思春期のお子さんを持ったお父さん。。。こんなショックな事言われたことないですか?

今まで一家を支えるためにオシャレよりも家族を養うことに一生懸命働いてきたのに、コレじゃぁヒドイですよね。。。かといって、言われっぱなしも嫌だし一緒に出かけたくないなんてもう言われたくない!

ココはひとつ、かっこ良くなるためにオシャレをしてみませんか?

おしゃれといっても、雑誌に載っているような『ちょいワル』なんて自分に合うかわからないし、そもそもそういった用っ服がどこに売っているのか、はたまたどうやって着こなしたらいいかなんて丸っきりわからない。

40歳を超えてから、自分にあったお洒落な洋服を探すのは結構難しいです。
今まで調達していたお店だと『ダサい』と言われてしまうし、若向けの服だと若作りになってしまい逆に似合わない。

この世代の男性ファッションは、
『シブくて男らしい大人のきれいめファッション』がオススメです。

一体それは、どんな格好でしょうか。

40歳を超えると年齢的に落ち着いてきたり社会的地位もある程度確立してきてくるため、今までの服装が物足りなくなったり雰囲気など似合わなくなってきます。
そして、いわゆる『ちょいワル系』の大人の『渋さ』『男らしさ』が自然と似合うようになってきます。

『シブくて男らしい大人のきれいめファッション』を着こなすためのポイント

[X]シンプルにコーディネイト+α
[X]無理な若作りをしない
[X]一点キラリと光るアイテムを持つ

シンプルにコーディネイト+α

シンプルにコーディネイト+α は、無地のジャケット等の羽織もの+パンツ+インナーTシャツを合わせることです。柄物になるとどうしてもカジュアルさが強く出てくるため、ワンポイントなど、小さめなプリントや刺繍が良いです。
そして、シンプルだけではシックになりすぎるため、ストールや靴などの小物を使ってカチッとした雰囲気を着崩します。差し色として洋服とは別の色を取り入れるとお洒落なコーディネイトになります。

無理な若作りをしない

無理な若作りをしないは、おそらくこのサイトをご覧になってる方たちは、多少なりともファッショに興味を持たれて若々しくみられたい!と思われていますよね。若作りが全くダメじゃないんです。程よく若作りなら大丈夫です。むしろ歳相応にしているより女性には好感を持たれます。 20代の人が着ているような腰パンやダラっとした服装、数色混ざっている原色チェックのシャツや大柄プリントTシャツ等はあまりにもカジュアルで若作りになり、イタイ人になってしまうので気をつけましょう。

一点キラリと光るアイテムを持つ

一点キラリと光るアイテムを持つは、コーディネイトの中の1点だけでもちょっと高級そうに見えるアイテムを取り入れるということです。

例えば、時計やだけでもちょっと高級なものを入れるだけでも、オシャレに見えるし貫禄が出ます。
時計以外にも、かばんや靴などの小物アイテムで洒落たアイテムを持っているだけでサマになります。

洋服自体にお金かけなくても、程よく小奇麗できれいめな感じで若々しくしてもカッコイイし、ビジネスの際にも一点豪華なものがあるとおしゃれさが引き立ってきます。