ジャケットのサイズの測り方

ジャケットのサイズの測り方

ジャケットは肩で着こなす!

ジャケットは、メンズのきれいめファッションには欠かせないアイテム。 芸能人の人たちはよく映画発表会など公の場にでる時は着てますよね。でも、見た目に堅苦しくなくスタイリッシュでかっこいい。

自分もあんなにきれいにかっこよく着こなしたいな。。。

そんな願望が有る人へ、ジャケットがきれいに大人っぽく着られる着こなしをご紹介します。 冒頭で、『ジャケットは肩で着こなす!』といっているので、もうおわかりかと思いますが、
ジャケットはです。そして、次に《胸囲と着丈》

この赤文字3点をピッタリと自分のサイズに合わせて着るだけで、もうあなたはキレイめ大人ファッションの仲間入りです。

この3点の中で特に肩幅を合わせることが重要で、さっそうと肩で風をを切って歩く。。。 までは行かなくても、とても男らしく見えるのです。女性ウケするズバリのラインが出来上がります。

洋服の肩がパツパツで窮屈そうだったり、逆に落ちていてはせっかくスタイリッシュはずのジャケットも着た途端ダサくなってしまいます。

明らかに肩幅があっていないけれど、どうしても気に入ったジャケットがあって着たい! という場合は、もし肩幅が自分より大きくて身幅が合っているのならお直しで調整することが可能です。しかし、小さい場合は諦めてください。

そして、高級な専門店ではサイズを確認しながら直してくれますが、形が変わってしまうためよっぽど気に入った生地でない限り止めたほうがいいです。

袖丈についても、短すぎたり長すぎにならないように確認しておくと役に立ちます。

それでは、自分のサイズを測って自分のサイズ知っておきましょう。
ちなみに、ジャケットだけでなくシャツのサイズとしても同じです。


(*スプートニクスのパンツサイズの計測についてを引用)