パンツサイズの測り方

パンツサイズの測り方

男性のオシャレは、パンツでキマる!

メンズファッションのボトムスはレディースと違ってひとことで言うと主にパンツ(ズボン・トラウザーズは同じ)のみ。
どれを履いても周りと同じだし、そんなにわからないんじゃないの?と思うあなた!要注意です。

パンツと一言で言っても、デニム、スラックス、クロップド、カーゴなど様々な種類があり、さらにその中でもシルエット別にストレート、スキニー、ブーツカット、スリムなどがあります。

自分のサイズにあったパンツを普段の格好にコーデできれば、それだけで垢抜けたキレイめ大人っぽいファッションの仲間入りができます。

キレイめなカジュアルパンツの選び方は、
『自分のサイズにピッタリ合ったパンツを選ぶ』ことです。

もしヒップは合うけどウエストが合わない等の場合はパンツが合ってないので、好きなデザインであっても別のものにしたほうが良いです。

サイズが合わないまま穿いていると、見た目のバランスが悪いのでダサいし、穿いている本人自体だらしなく見えてしまいます。

そうなると、女性ウケなんてもちろんしません。(女性って、結構男性の着こなしを見てますよ!)

逆に言うと、服装がきちんとしていると、本人もきちんとした性格かも?と思ってもらいやすいです。

パンツのサイズは計4箇所がポイント

・ウエスト
・ヒップ
・股下
・わたり(下記表を参照)

自分のパンツのサイズを知っておくと、次に購入する時にとても簡単にかっこよく穿けるので、覚えておくと良いです。

また、デニムやコットン素材など洗うと縮みやすい生地をの場合は、普段より1cmほど長めにカットしてもらうと失敗しません。

パンツの種類や靴(ブーツ含む)によって数センチ伸ばしたり短めにしたりとアレンジをシて調節していくと常にかっこ良い状態で穿けます。


(*スプートニクスのパンツサイズの計測についてを引用)