【デニム・ジーンズ編】きれいめカジュアル

【デニム・ジーンズ編】きれいめカジュアル

『デニム・ジーパンは、シルエット重視』

ブカブカなんてもってのほか。チノパンより細めを選ぶのがポイント

デニムの選び方は、太ももの一番太い部分がダブつかなく、程よくフィット感がある状態がベストです。
最初はタイトかな?というものであっても穿いている内に伸びてくるため、購入時から大きいサイズを選んでしまうとダブダブになってしまい、締まり感が無くなってしまいます。

きれいに見せるために濃いカラー選ぶこと。そのほうが、高級感や品が出ます。

デニムに使用されているインディゴブルーに関しては、濃い色のほうが大人きれいめな格好になります。
ビンテージデニムなどで実際に高額なデニムも有りますが、ここで言う高級感とは違います。
見た目の上品さを選びましょう。


きれいめコーデとしてのデニムはダメージ加工はNGです。
単なるカジュアルとして穿きたいという時ときはダメージ加工はおしゃれですが、きれいめスタイルとしては合わないです。ウォッシュ加工については程度によってですが大丈夫です。


サイズや色などスッキリとしていて、ジャケットなどのスタイリッシュな格好で穿けるデニムを選びましょう。 そして、きれいめデニムはコーディネイトがしやすかったりストレッチが効いていたりして動きやすく、履き出すと非常に楽なので、色んなコーデが楽しめますよ。


きれいめコーデのデニム選び<3つのポイント>

1,シルエット重視
2,カラーは濃いめ
3,ダメージ加工NG!


デニム・ジーンズ・ジーパン、誰もが1本は持っているであろうボトムスの代名詞です。
トップスを選ばずコーディネイトの幅が広いデニムは、「きれいめカジュアル」のスタイルには欠かせませんが、日頃あまりにも穿きやすいため気がつけば同じものばかり穿いている。。。ということがあるのではないでしょうか。
普段の使っているデニムとはちょっと違う細めのシルエットが、きれいめコーデを成功させる秘訣です。この機会に、きれいめデニムにぜひ挑戦してみて下さい。

デニム・ジーパン種類別:きれいめのデニムの着こなし方紹介

大人感のある着こなしができる綺麗めシルエットの美脚デニム
デニムの選び方1

深いインディゴブルーやステッチ使いによりカジュアルだけでないきれいめな印象。
足元を自然にかたどってくれるラインや、ひざ下からゆるやかに細くなるシルエットが大人きれいめなコーデイネートにGOOD。
裾が細いとロールアップも可能に!
ジャケットなどのアウターやラフなシャツにも合わせやすい年間通して使えるダークカラーは落ち着き感もあり大人っぽく着こなせおすすめです。




スキニーではないストレートストレッチデニム
デニムの選び方2

シンプルでピッタリとしているけれどストレッチ素材で動きやすさがあり、スッキリとした印象で使える。
秋から冬にかけてブーツとも合わせてもカッコイイ!
スタイリッシュさが細身のジャケットと相性◎細身だけど、ピチピチではないスタイリッシュさがオシャレ。




ブランドのJohnbullジョンブルのデニムカーゴパンツ
デニムの選び方3

どんなスタイルにも合わせやすく万能で納得のいくデニムカーゴ。
カーゴタイプなのに、シルエットが美しく、もたつき感が全くなくカッコよく穿ける細身のシルエットです。
ウォッシュ加工やシワ加工などが施してあるのに、モモの脇ラインや裾のほうが濃い色なため雰囲気がよく、スマートなイメージになります。