シンプル=地味?ではないきれい目

シンプル=地味?ではないきれい目

『シンプル=地味?』いえ、違います。
シンプルだけれどきれいめファッションはオシャレです。

シンプルと地味は紙一重だけれど、着こなし方によっておしゃれになったりダサくなったりします。



『シンプルと地味の違い』は、一体どこにあるのでしょうか。


地味な着こなしは、洋服を着た時のシルエットが悪く、全体的にゆったり感が出ていたり、遊びや外しが何もない格好がシンプルを通り越して地味になってしまいます。

例えば・・・ ちょっとダボ付いたシャツとインナー、ボトムスはゆるめのチノパン。 想像してみて下さい。たるんだ感じがしてダサくないですか?これでも外出できますが、とても地味で一気にオジサンっぽくなります。

シンプルな着こなしは、自分のサイズにあったトップスとパンツに小物などの遊びを取り入れたメリハリがある格好です。 例えば、身体のシルエットにあったジャストサイズのシャツ+ピッタリサイズのチノパン+ストール。 自分の身体のサイズに合わせた服ということが大切です。そこに小物(ここではストールを1枚)追加するだけで一気にきれいめおしゃれに見えます。

色がシンプルな上下の組み合わせの場合は、シンプル過ぎて地味になりがちですが、小物(ストール・靴・アクセサリー)などでアクセントをつけるとそれだけでグッとオシャレになります。
また柄物を取り入れる時は、他の組み合わせは必ず無地にして、その柄がアクセントになる様にコーディネイトするとシンプルできれいめファッションになります。


ちょっと余談ですが、大柄のプリントTシャツの場合は1枚で着ると失敗しやすいです。なぜなら、子供っぽいくなってしまうためです。その時は、白などのシンプルなシャツを羽織ったりして大人っぽく組み合わせるといいです。


シンプルだけど地味にならないお洒落なファッションは、
シルエットのスマートさや色や小物の使い方で決まります。


シンプルで地味になりにくいコーディネイトを教えてくれるショップについて『通販で買うならココ!人気ショップ比較&ランキング』をご紹介していますのでご参照ください。