【Tシャツ編】きれいめカジュアル

【Tシャツ編】きれいめカジュアル

『Tシャツは何着ても一緒でしょ?』 いえ、違います!

Tシャツは、意外とお洒落かどうかを判断されるポイントです。

1枚でもサラッと着れてサマになり、ジャケットのインナーとしても使えるトップスの王道アイテム。年中着れて便利なうえに、汎用性が高いためお洒落をするポイントとしてかなり重要です。

個性的だったりセンスの良さが光るきれいめなTシャツを持っているだけで、着こなしの幅が広がります。着こなしのバリエーションが増えるとそれだけでオシャレをすることが楽しくなり、上手く着回しをしていると様々なアレンジが出来るようになってくるため自信がつき着こなし方がカッコよくなっていきます。きれいめTシャツをドンドン着こなしてモテ服コーディネイトが出来るようになりましょう!



キレイめTシャツを選ぶポイントは、肩幅・胸囲・着丈を合わせて、『ピッタリサイズ』にすることが必須です。自分のサイズと合っていないTシャツを着ると、見た目にもスッキリせず、だらしない印象になってしまいます。お洒落に着るどころか、身だしなみという部分から直していかないといけません。サイズが合えば、ほとんどキレイめな着こなしができるのです。
もう1つだけサイズ以外で注意することがあります。生地が薄すぎないこと。生地が薄くて肌が透けたりするのは、とても安っぽく見えてしまいます。


Tシャツ選ぶ時は、下記の3つに注意してください。

Tシャツを着る際にする4つのポイント

1、お腹まわりがタイトすぎてピチピチしていないか
2、肩幅が大きくて肩周りや首元(襟)がダボついていないか
3、丈が短くベルトが見えていないか
4、生地が薄くて肌が透けていないか

クールにまとまっているTシャツは、ジャケットにあわせたりカーディガンの中にさっと着こなせます。
キレイめなTシャツは使い勝手がよく、年中コーディネートできる万能アイテムです。

Tシャツの種類別:キレイめコーデの着こなし方

モノトーンフォトプリントでセンスよく着る

モノクロフォトプリントでシンプルだけどアートを思わせるような雰囲気。
白黒が逆になる、黒Tシャツに白抜きのプリントも合わせて1枚あると着回しが非常に良いです。
アウターは同じもので合わせてもジャケットやカーディガン等のインナーにするとミステリアスでハイセンスな印象に。



シンプルで使えるTシャツ(カットソー)

Tシャツのように着れるカットソーもメンズファッションには相性◎。
清潔感あって、着回し抜群で格好良い!ラフな時だけでなく、上司や先輩たちと食事会などのきちんとした格好をしたい時でも使えるカットソーです。
Vネックは、細すぎない開きの襟が、日本人の体型には合わせやすいです。 カットソーの中に無地のTシャツを着て重ね着も出来ます。他に、アウターにジャケットやパーカーなどにとても良く合います。




大人カジュアルタイプ、ナチュラルフィットなTシャツ

個性的なラインアートが可愛いのにシックに着こなせる!
アメリカのYouthサイズ仕様で、着丈のバランスが日本人の背格好にピッタリのTシャツです!ナチュラルなフォット感があり方のラインや胸囲のサイズがピッタリ着れます。
※Youthサイズとは、アメリカの子供のTシャツの名称です